山梨中央銀行

山梨中央銀行はちゅうぎんの愛称の山梨県内唯一の地方銀行です

山梨中央銀行とは?

山梨中央銀行は、山梨県甲府市に本店を置いている、山梨県内唯一の地方銀行となっています。「ちゅうぎん(中銀)」と呼ばれ、親しまれていますが、県内で1軒しか地方銀行がない…ということに少々驚いてしまいました。

でもその分、地域密着型というか、県民に非常に近い位置の銀行となっているような気がします。実際、山梨県内は、都市銀行の支店の数も少なく、また信用金庫や信用組合の規模も中小規模であるため、山梨中央銀行が実質独占状態といっても過言ではないそうです。山梨県と甲府市の指定金融機関にもなっています。また、山梨中央銀行は、三菱UFJ銀行が筆頭株主であるため、三菱UFJフィナンシャル・グループや三菱UFJ銀行との繋がりが強く、様々なサービスで提携しています。ただし、山梨県内には、三菱UFJ銀行の支店は存在しないそうですよ。

山梨中央銀行は、1874年に興益社を設立し、1877年、興益社を母体として第十国立銀行が設立されます。1897年に普通銀行に転換して株式会社第十銀行に改組。1941年に、有信銀行の合併したことで、株式会社山梨中央銀行となりました。その後、1972年には東京証券取引所市場第二部に上場し、1973年には、東京証券取引所市場第一部に指定されました。創業100周年を迎えた1977年以降は、山梨中央保証・山梨中銀リース・山梨中銀融資資料館・山梨中銀ビジネスサービス・山梨中銀キャピタル(現在の山梨中銀経営コンサルティング)などを設立し、積極的に展開しています。

山梨中央銀行で取り扱っているサービスには、「口座をひらく」で総合口座(普通預金)・決済用普通預金・貯蓄預金など。「ためる・ふやす」では定期預金各種・積立性預金各種。「運用する」では投資信託・国際・外貨預金・山梨中銀投資積立。「かりる」では、住宅ローン各種・マイカーローンや教育ローン/介護ローンなどの目的別ローン・カードローンなどが用意されています。他にも、インターネットバンキングや決済サービス・メールオーダーサービス・年金予約サービスなど、便利なサービスも充実していますよ。

山梨中央銀行の支店は、県外には東京都(主に西東京)・神奈川県のみとなっています。また、他行との提携では、ゆうちょ銀行や都市銀行をはじめ、全国地方銀行協会に加盟している地方銀行のATMからの現金預入や引出しが可能となっています。ただし、銀行によっては受けられないサービスもあるようです。コンビニでは、セブン銀行や、イーネット・ローソンATMと提携しています。


TOPPAGETOP