山梨中央銀行の証券化住宅ローン

山梨中央銀行の証券化住宅ローンは、住宅記入支援機構の証券化支援事業「フラット35」を活用した住宅ローン商品です。最長35年の長期固定金利が適

山梨中央銀行の証券化住宅ローン

山梨中央銀行の証券化住宅ローンは、住宅記入支援機構の証券化支援事業「フラット35」を活用した住宅ローン商品です。最長35年の長期固定金利が適用されるので、その間、どんなに金利が上昇しても返済額が変わることはありませんから、返済プランを立てやすいのが多きなメリットです。ただ、逆にいえば、どんなに金利が下がったとしても返済額が変わることはないんですけどね。保証料・繰上手数料も不要です。更に、山梨中央銀行の自由設計型住宅ローンと、この山梨中央銀行の証券化住宅ローンをあわせて借入することで、借入総額に占める自由設計型住宅ローンの割合が30%以上だった場合、事務手数料が引下げられます。

山梨中央銀行の証券化住宅ローンを利用できる方は、借入時の年齢が満20歳以上満70歳未満であり、完済時の年齢が満80歳未満の方。もし、「親子リレー返済」を利用する場合は、借入時の年齢が満70歳以上の方でも利用することが可能ですが、後継者(子)が、借入時の年齢が20歳以上満70歳未満であること。申込本人の子供であり、定期的な収入があること。連帯債務者になることができること…と、これらの条件に該当していなければなりません。また、それ以外の山梨中央銀行の証券化住宅ローンの利用条件には、日本国籍を有している方、または永住許可などを受けている外国人の方。申込本人の年収に占める、山梨中央銀行の証券化住宅ローンやその他借入金合計の年間返済額の割合が、400万円未満ならば30%、400万円以上ならば35%となっていること。そして、その他住宅金融支援機構の審査基準を満たしている方。…以上の条件全てに該当している方のみが、山梨中央銀行の証券化住宅ローンを利用することができます。

山梨中央銀行の証券化住宅ローンの融資額は、100万円以上8,000万円以下で、建設費・購入価額の100%以内となっています。また、他金融機関からの借換資金に利用する場合は、「現在借入中の住宅ローンの残高」と「担保評価額の200%」のいずれか低い額が融資額の上限となります。融資期間は、新築住宅の建設・購入や中古住宅購入資金の場合は、15年以上35年以内(1年単位)。住宅ローン借換の場合は、35年から「住宅取得時に借入した住宅ローンの借入費からの経過期間」を引いた年数となります。適用される金利は、融資期間が20年以内の場合は、固定金利型年2.32%で。融資期間が21年以上35年以内の場合は、固定金利型年2.56%となります。そして返済方法は、元利金等毎月返済・元金均等毎月返済・ステージ返済のいずれかを選択することが可能です。その際、融資額の50%以内であれば、6ヶ月ごとの増額返済を併用することも可能となっています。


TOPPAGETOP